2009年11月30日

そして最終日

調子に乗って続けてブログアップしてたのに、気がつけばもう5日もあいてしまいました。

旅行最終日もパリ散策です。写真をごっそりアップしましたのでテキトーに流して読んでくださいませ。

 

11月19日

この日はパリ・バルセロナ旅行最終日。当初はルーブル美術館で丸一日過ごす予定だったのだけれど、事前のチェック不足で17日に行きそびれたポンピドゥー・センターも周りたくて、くったくたの体にムチ打って朝から行動開始。

091130_1

ホテル近くの道路沿いに朝市が出ていました。食材やら日用品やら古着屋さんやら、たくさん並んで楽しそう。買い物してる場合じゃなかったのがとっても残念。

 

地下鉄を降りて駅を出ると、目の前にはどどーんと巨大な建築物が。

091130_2

画像の左側に写ってるのがルーブル美術館です。どんだけ下向いてても見落としようがないので初めてのおのぼりさんも安心。

 

建物はコの字になってて、その中庭に入ってみました。

091130_3

三方どの方向にカメラを構えても全体像が入りきらない。ここに来た人はまずその巨大さに度肝を抜かれることになってるらしい。

 

これがウワサのピラミッドですね。

091130_4

んー、どうなんでしょ。賛否両論あるようですが。

 

逆さピラミッドの内部はこうなってます。

091130_5

なるほどねー、▽と△ねー。(@ダヴィンチコード)

 

まずは彫刻が並ぶフロア。

091130_6

展示品もさることながら内装がとにかくすごい。

 

もーあっちもこっちもこんな感じ。

091130_7

もとフランス王の宮殿だったそうだけど、一体どんだけつぎ込んだらこうなるんでしょうか。

 

うわ、本物だ。

091130_8

「岩窟の聖母」

 

さすがにこのの前には人だかりができてて、近くから撮影することができませんでした。

091130_9

ガラス越しなもんだから余計にボケボケになっちゃった。あーあ。

 

左下に写ってるのはワタクシでございます。

091130_10

この絵の大きさがお分かりいただけますでしょーか。

 

続いてエジプトのコレクションゾーンへ。

091130_11

んふ、こういうのがあると嬉しくなっちゃいますね。

 

お犬様の彫刻。

091130_12

どんな犬種なのかなぁ。

 

他にもお馬さんやら猫さんやら。

091130_13

つーか上段、中段のみなさまは「ホンモノ」ですわね。

 

これはお土産屋さんの写真じゃないですよ。

091130_14

いいなぁ、1個欲しいなぁ、なんて思っちゃいけないのかしら。

 

ラムセス二世さん、こんにちは。

091130_15

エジプトのコレクションはとにかくすごくて、「あんたヨソ様の国からこんなに持って来ちゃったら泥棒じゃないのよっ」って言いたくなるほどでした。

 

有名どころをざざざざざーっと押さえて、お次はポンピドゥー・センター(近代美術館)へ。

30年以上も前に建てられたという建物。美術館好きなら知らない人はいないと言われているそうですね。凸凹は全く知りませんでしたが。

091130_16

つーか昔勤めてた会社がここを模して建てられてて、先に偽物見ちゃってたせいなのか大した感動もなく。

設計者の先生、ごめんなさいね。

 

美術館横の広場にある噴水。これもかなり有名らしいけど近くで見るとビミョーな感じ。

091130_17

なんというか、近代美術においては作り手の「これでOK」というレベルがデザインを台○しにしてる感が強いですね(毒)

 

なーんて生意気なことを言ってみましたが、展示品はかなり見ごたえがありました。

091130_18

バルセロナでは撮影できなかったけど、こちらのピカソ作品は撮影OK。

 

結構たくさんありましたよ。

091130_19

こういった作品を撮影OKにしてること自体が信じられないですよね。フランスの懐の深さというか、芸術がどれだけ日常に入り込んでるかってことを反映してるんですかね。

 

 

朝から歩き続けること7時間。美術館めぐりの後は、凸さんが見逃してた凱旋門とエッフェル塔に行くことに。

091130_20

夕方のセーヌ川から見るエッフェル塔。

 

近くまでたどり着いた頃にはに真っ暗になってました。

091130_21

昼間見た時はセピア色の東京タワーみたいな気がしないでもなかったけど、ライトアップされるとこれがまたとってもステキ。

 

 

そんなこんなでバッタバタのパリ・バルセロナ旅行もとうとうおしまい。

結局1枚も写真を撮ってなかったホテル。最後に外観をパチリ。

091130_22

って何が何だかちーとも分からないけど。

 

全然関係ない話ですが、パリの縦列駐車って恐ろしいほどすごいんですよ。

091130_23

こんなのザラ。

絶対無理じゃんって間隔で止めてあって、そこを何度も切り返しながら出入りしてるのを実際に目撃しちゃった時にはもう心の中で拍手喝采でした。

 

最後の機内食。

091130_24

朝食メニューなんだけど、日本時間でいうと夕方の6時半くらいだったかな。

 

30分くらい遅れて成田に到着。

091130_25

あーあ、とうとう帰ってきちゃった。

帰国した日のうちにグレース&アンジー家にお泊まりしていたAlexさんをお迎えに行って、その翌日はCilieさんを迎えによこてつさんちへ。

2人とも元気に過ごしてたようだったけど、やっぱ寂しかったみたいでそれなりに感動の再会でした。

 

ちょっと体調を崩したりもしましたが、あっという間に回復してまたドッグラン通いの毎日。

091130_26

なんとなーく楽しく走ることが多くなったような気がする2人。

 

こちらの2人も愛を確かめ合ってます。

091130_27

 

まー確かめられたかどうかは不明ですが。

091130_28

 

んなわけですっかり日常を取り戻した我が家。

091130_29

長らくお付き合いいただきまして、まことにありがとうございました。

 

 

 

 

 

posted by decoboco at 22:47| Comment(10) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

あらためましてバルセロナ

11月18日

この日は日帰りでバルセロナに行ってきました。前半2日間で仕事を終えた凸さんも参加です。

早朝のシャルル・ド・ゴール空港。

091125_1

タクシーのピックアップ時間が早かったせいもあるんだけど、搭乗の2時間前に着いちゃった。フランス−スペイン間とは言え国内線みたいに手荷物とボディチェックしかなくて、こんなに早く着く必要は全然なかったみたい。

 

バルセロナ空港。

091125_2

新しくてとってもきれいでした。

どちらの空港も空間のスケールに比べて構造がすんごい華奢。柱なんか信じられないほど細い。地震のない国だからこそできることなんですかね。

 

空港からタクシーに乗ってグエル公園へ。移動にタクシー使っちゃうっていうだけでもう豪遊気分。

良いお天気で観光客いっぱい。もちろん日本人もいっぱい。

091125_3

この階段を上って建物の上にでると、

 

こんな風景。

091125_4

でもってこの場所がどんなんなってるかっていうのを別な角度から見ると、

 

こんな感じ。

091125_5

結構広いんですねー。

 

お約束のトカゲさん。

091125_6

写ってるのはワタクシでございます。

やっぱここは撮影スポットになってるみたいで、トカゲさんの隣に陣取って&カメラ構えてないとすぐに人だかりができちゃうんですね。

 

ここからは地味に地下鉄に乗って移動。ちなみにグエル公園から最寄りの駅まではちょっと距離があって、注意して地下鉄のサインを見てないと迷子になっちゃうかも。

カテドラルに到着。

091125_7

写真は撮らなかったけど、ミサ(自信なし)をやっていたのか人がたくさん集まってました。

 

これはパイプオルガンなのかしら。

091125_8

オルガン本体がどこにあるのかは結局分からず。

 

礼拝堂。

091125_9

フェンスが邪魔なんだなーもー。

 

続いてピカソ美術館へ。

091125_10

街の中に建っているせいかなかなか見つけられなくてプチ迷子になってしまいました。

美術館の展示作品は撮影禁止だったので写真ナシ。

ちなみにすんごい偶然なんだけど、この日はピカソが影響を受けたという日本の絵画を特別展示していて、日本でも見ることのない版画やら○画やらがいっぱい。

あ、伏字の部分は「ピカソってえっちねぇ」という感想から想像してくださいね。

 

 

そしてそしてサグラダ・ファミリアへ。

091125_11

こっち側の外装はまだピカピカ。左の塔は観光客もエレベータで登れます。

 

唯一ガウディの存命中に建てられたという「誕生の門」。

091125_12

こっち側はかなり気合入ってます。

 

周囲をぐるっと1周して、中に入る前にとりあえずランチ。と言ってもこの時すでに2時半。観光地ではシエスタはあんまり関係ないみたいで助かりました。

パエリアが美味いと客引きしてる店へ入ってみることに。

091125_13

左は凸さんのシーフード、右は凹のイカ墨。またまたイカ墨食べちゃった。

 

ボーイさんに乗せられて思わず注文しちゃった生ハム。

091125_14

まー確かに美味しかったけど、ボラれ感にイマイチ納得いかないランチでした。ちぇ。

 

気を取り直してサグラダ・ファミリア内部へ。

091125_15

古き良きステンドグラスとはまた違った趣。これはこれでアリなんだなーと。

って私なんぞに言われる筋合いはないですね。すみませんすみませんすみません。

 

中ではバリバリ工事中です。

091125_16

へぇぇぇー、こうなってるのかー。

 

あ、どもども。

091125_17

「今日も一日、ご安全に!」

 

塔内のエレベータで途中まで登って、その先の螺旋階段。

一番下からぐるぐると階段を登ってくることもできます。もちろんその逆も可。ヘタレな凸凹は迷うことなく往復エレベータに乗りましたが。

091125_18

何気に出ししてみた顔がチト怖い。

 

見下ろすとこんな感じ。

091125_19

しょえぇぇぇー。

 

 

さて、もうこのあたりでタイムアップ。カタルーニャ広場近くでお買い物して空港へ向かうことに。

091125_20

でもまだまだ行きたいとこいっぱいあったんですよねー。

バルセロナ日帰りなんてマジで無謀でした。良い子のみなさんはくれぐれも真似しないようにしてください。

 

 

 

 

 

posted by decoboco at 22:39| Comment(18) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

あらためましてパリ前半

そんなわけでパリバルセロナ旅行から帰国いたしました。

いやー、疲れました。マジで疲れた。

凸さんの仕事の予定に合わせた旅行だったから滞在日数が4日間しかなくて、そこにぎゅうぎゅうにスケジュール詰め込んじゃったお陰で連日歩きっぱなし。現地のバスツアーくらい予約すれば良かったと深ーく後悔しました。

 

16日の早朝に到着して凸さんは終日お仕事。同行した方の奥様も一緒だったので、凹はその奥様と2人でパリ散策。

091123_1

8時半を過ぎてようやく明るくなってきました。緯度でいったら北海道なんかよりずっと北にあるんだから当たり前ですわね。 (←って後で調べたんだけど)

 

とりあえず押さえとかなきゃってことで、地下鉄に乗って凱旋門へ。

091123_2

凱旋門を囲んでロータリーになってて放射線状に道路が伸びてます。ここ運転してロータリーに進入しちゃったら二度と出てこられないような気がする。

 

凱旋門の彫刻、めっちゃすごいんですよ。

091123_3

こんな感じで超デカくて超立体。

イマイチスケール感が伝わらない&表現力に乏しい気がしますが、そのあたりはみなさまの想像力でカバーしてください。

 

その後シャンゼリゼ通りをブラブラ。

091123_4

あんまり用事があるお店はなかった(強がり)んだけど、ヴィトンの本店だけはひやかしてきました。

日本人が溢れかえる時代はすっかり終わって、中○人に取って代わられてるみたいでした。

 

この日のランチはバカラクリスタルルームを予約してフレンチをいただいてきました。

フレンチってでっかい皿にこぢんまりとした料理がのってるイメージでしたが、ここのお料理はとにかくボリューム満点。フルコースでオーダーしたらお腹いっぱいでデザート残しちゃいました。ディナーだったら一体どうなってたんだろ。

さすがにお料理の写真を撮る勇気はなくて、デザートの後に出てきたマカロン、キャラメル、チョコレートのプレートだけパチリ。

091123_5

 

「テーブルセッティングを撮ってもいいですか?」と聞いたらOKと言ってもらえたので、こちらもパチリ。

091123_6

こぉんなところでランチしてきたんでございますYO。いひひ♪

 

お食事の後は建築・遺産博物館へ。

091123_7

現在放送中の某ドラマのオープニングがここで撮影されたそうですね。見たはずなのに全然覚えてないなぁ。

 

パリの公園ではこんなサインを見かけました。

091123_8

街中を散歩しているワンコは結構いたけど公園の中は禁止みたいですね。

 

凸さんのお仕事に同行していた方が昔パリに住んでいたとかで、この日の夜はイタリアンレストランに連れて行ってもらいました。

091123_9

日本人ならこれがいいだろうとお店の人がお勧めしてくれたのはカルパッチョや貝のグリルなどのシーフード料理。イカ墨パスタも出てきて本当に美味しかった。

 

 

明けて翌日の17日。この日は火曜日。

美術館めぐりをする予定だったんだけど、ガイドブックをチェックしたらパリの美術館はほとんど火曜日がお休み。事前チェックの甘さに頭の中が真っ白になりつつ、グズグズしてても仕方がないのでとにかく出かけることに。

前の記事にも載せたシテ島のサント・シャペル

091123_10

エントランスからの眺め。

 

2階のステンドグラス。

091123_11

ステンドグラスの一つ一つも本当にすごいんだけど、やっぱ何がすごいってこの全てが本物の世界の中に自分がいるってことがマジですごい。

 

同じくシテ島にあるノートルダム大聖堂

091123_12

ここは遠くから見ただけでしたが、この佇まいには無宗教な私もなんだか不思議な気持ちになりました。

 

ペットグッズショップのサルーキの写真もアップでもう一度。

091123_13

可愛い子だったなぁ。誰かが飼ってる子なんですかって聞けば良かった。

 

ちなみにこの子はショップにいたブルテリアのネイサン氏。

091123_14

写真だと分かりにくいけど今まで見たことないデカさのブルテリアさんでした。ちょっとアンヨを怪我してたみたい。

 

 

2日間歩きまわって足がパンパンになって、翌日は早朝からバルセロナへ移動だったので夕食は近くのスーパーで調達。

091123_15

こんなお惣菜ながらもハムもパンもなかなか美味い。

そういや機内食で出たパンも一見して「なんだこのシケたカチカチのコッペパンは」てな感じだったのに、食べてみたら意外に美味しくてびっくりでした。

日本に入ってくる小麦は生産国では「もういらない」という最低レベルの物だって聞いたけど、本当にそうなのかなぁと思っちゃいました。

 

 

あれ見てこれ見て食べ物にもハズレがなくて大満足。敢えて一つ不満を言えばビールがハイネケンとカールスバーグばっかだったこと。

ま、いいんですけどね。

 

 

 

 

 

posted by decoboco at 02:17| Comment(12) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする